トップページ > ポリフェノールの豆知識 >  赤ワインだけじゃない??

赤ワインだけじゃない??

ポリフェノールと言えば、「赤ワイン」
赤ワインと言えば、「ポリフェノール」、、、。

なんだか赤ワインにしかポリフェノールが入っていない!と
錯覚するぐらいの勢いなんですが(笑)。

色んなお酒がありますが、そのお酒の中にも
ポリフェノールが入ってるんですっ!

お酒を飲まれる方で、ポリフェノールに興味がある方に
読んでいただきたいです!

ビール・日本酒・焼酎にもポリフェノールが入っています♪

赤ワインだけポリフェノールを含んでいるって訳ではないんですっ!
実は、お父さんたちのお供、「ビール」や「日本酒」にも含まれているんですよ。

  • ビール
ビールには主原料であるホップに
キサントフモールというポリフェノールが含まれています。

実は、ワインに次いで「高ポリフェノール飲料」なんですよ。

ビールには心臓に障害がおこる「虚血性心疾患」を予防する効果が、
また、発がんに至るまでのプロセスを抑制してくれることが分かりました。

その他にも、ビールの原料である麦芽が、
肝機能障害を抑制してくれることも分かりました。

最近の研究結果では、ホップ(ビールの原料)から抽出されるポリフェノールに
ピロリ菌が繁殖する原因の空胞化毒素をやっつけてくれることが分かりました。

  • 日本酒
日本酒でも特にたる酒にポリフェノールが多く含まれています。

フェルラ酸というポリフェノールは、老化の防止、抗酸化作用があります。
SOD(活性酸素を除去してくれる酵素)と同じ働きをしてくれるので、
活性酸素を除去してくれるほか、がんを予防、紫外線カットをしてくれます。

なので、日本酒を良く飲む寒い地域の人に美白美人が多いのはそのせい?
かも知れません。

日本酒の中でもたる酒は、香りも良くリラックス効果もあるので、
ストレスを溜めがちな人に良いかも知れないですね。

  • 焼酎
焼酎の中でも、芋焼酎の中にポリフェノールがたくさん含まれています。
その量は、赤ワインと同等と言われるくらいです。

なかでも注目したいのがウロキナーゼと言う酵素です。

この酵素は、心筋梗塞や脳梗塞の原因である「血栓」を溶かして、
血液をサラサラにする効果があります。

食生活が乱れていると、その効果が薄れてしまうので、
バランスの良い食事を心掛けなくてはいけません。

焼酎の種類の中でも、麦焼酎、そば焼酎が含有率が高いようです。

ビール、日本酒、焼酎にもポリフェノールが含まれている事が分かりましたが、
飲み過ぎには注意してください。

飲み過ぎてしまうと、逆に脂肪の蓄積につながってしまいますよ!

このページのトップへ↑