トップページ > ポリフェノールの特徴 >  発がん率が下がる!?

発がん率が下がる!?

ポリフェノールって、がんの予防にも有効って本当!?

でも、読んでみたら分かります。

信じる者は救われる?試してみる価値はありそうです。

活性酸素撃退でがん予防!?

ポリフェノールとは、
そもそも植物が光合成をするときに出来る
「色」や「苦味」の成分のことを言うのですが、、、

がんの予防になる!と一般的に言われている理由は
色や苦味の性質に抗酸化作用があるからなんです。

体内に活性酸素が増えすぎると、
血管、細胞など、あらゆるところに毒素が行き渡ってしまい、
体内が酸化して、確実に病気や老化を引き起こしてしまいます。

活性酸素がいたずらをしてしまう場所によって起こる病気は様々です。

組織の細胞が弱ってしまうと、老化の原因につながり、
DNA(遺伝子)に傷がついてしまうと、治癒が困難である難病や
がんになってしまったりするんです。

また、内臓疾患で心臓病や動脈硬化、生活習慣病も
引き起こしてしまう原因になる事を知ってましたか?

その他にも、肩こり、ストレス、肌荒れやシミ、そばかすと言った
美容に関しても活性酸素が大きく関係しているのです。

ポリフェノールの抗酸化作用で
体内に増えすぎた活性酸素を抑制してくれることにより、
病気と老化から守ってくれる
のです。

冒頭で話した、ポリフェノールを摂ると「がん予防」になる!!
と言われている由縁は、活性酸素を撃退してくれるところにあったのです。

活性酸素について詳しく知りたい方は活性酸素ってなに?をどうぞ!

このページのトップへ↑