トップページ > 体への悪影響 >  活性酸素の原因?

活性酸素の原因?

活性酸素は何が原因で発生してしまうのでしょうか?

人間の体の中から発生するモノなのか、
それとも外部から取り入れてしまうモノなのか、、、

その原因についてまとめました、それではどうぞ!

活性酸素予防が健康への近道!?

活性酸素が出来る原因は、私たちの生活の中にたくさんあります。

  • 紫外線を浴びる事
紫外線は体の中まで浸透して、体の中にある活性酸素を刺激します。
刺激することによってヒドロキシルラジカルを大量に発生させてしまいます。

ヒドロキシルラジカル自体の寿命は非常に短くて、
100万分の1秒間しか生き延びれないのですが、
酸化力が活性酸素の中でも非常に高くて、
糖質、核酸、脂質、たんぱく質(酵素・細胞骨格)など、
あらゆる物質に反応してしまうのでとても厄介なんです。

紫外線を浴びてしまった結果、シミ、しわ、たるみといった肌のトラブルを
引き起こしてしまうのです。

  • 喫煙、もしくは副流煙
副流煙には活性酸素である過酸化水素が含まれているので、
活性酸素を取り込んでいる事と同じことになってしまいます。
たばこの副流煙は、体内になるビタミンCも破壊してしまうので、
抗酸化作用が失われてしまいます。

なので、余計に活性酸素が増えてしまう結果になってしまうんです。

  • 過度のストレス
ストレスは交感神経を刺激してしまいます。
なので、収縮した血管が正常な状態に戻る時に酸素をたくさん使うので、
活性酸素も自然と増えてしまうのです。

  • 激しいスポーツ
スポーツを適度にする事は良い事ですが、過度なスポーツは
酸素をたくさん消費するので、活性酸素が増えてしまいます。

  • 水(水道水)
水道水には、微々たる量ではありますが様々な物質が含まれていて、
その中にトリハロメタンという物質があるのですが、
それが活性酸素を発生させる原因の一つになっています。

対策は、やかんで2~3分沸騰させることによって駆除することが出来ますし、
また、最近では浄水器が普及していますので、
カートリッジさえキチンと交換していれば大丈夫です。

  • 食べ過ぎ、飲み過ぎ
たくさん飲み食いすると、大量のエネルギーを消費するので、
大量の活性酸素を排出させてしまいます。

以上のことからも、自分自身の対策で活性酸素の発生を防ぐことが出来ます。

このページのトップへ↑