トップページ > ポリフェノールの豆知識 >  グレープシードオイルはポリフェノールたっぷり♪

グレープシードオイルはポリフェノールたっぷり♪

油にもたくさん種類がある中で、
グレープシードオイルってご存知ですか?

あのちっちゃな「ぶどうの種」から僅かしか取れないあの油です。

既にアメリカではブームを巻き起こしているようですが、、、

私たちの食生活にちょっと加えるだけで、
ポリフェノールを摂取する事が出来るんですよ♪

ぶどうの種から作られたヘルシーオイルです。

グレープシードオイルはぶどうの種から作られた食用油です。

グレープシードオイルについて
  • コレステロール「0」
  • リノール酸が多い(約65%)
  • ビタミンEが多く酸化しにくい
  • もとから酸化しにくいので防腐剤が含まれない
  • 抗酸化作用を含むポリフェノールがたくさん含まれている
  • 花粉症やアトピー性皮膚炎に効果的
ぶどうが作られた産地によって、ポリフェノールの含有量に差があるようです。
特に多く含まれている産地は、イタリア、フランス、スペインです。

ぶどうの種類によっては、オイルの色味がさまざまで、
濃い緑色から薄い黄色のものがあります。

種類によって、値段が違いますが効果に変わりはありません。

注目したいのは、ポリフェノールの作用です。

悪玉コレステロールの酸化を抑えてくれるので、
動脈硬化の予防はもちろん、心疾患やがん、そして老化にも有効です。

普段の料理に取り入れるだけで、
ポリフェノールを摂取できるからいいですねっ。

サラダに少し混ぜてみたり、
お米を炊くときに少し入れるだけでも効果があります。

無味無臭なので、どんな料理にも万能です。

いくら体に良いといっても所詮油、、、
カロリーが高い事に違いはありません。

リノール酸を摂りすぎると、
善玉のHDLコレステロールが減ってしまいますので、
結局血栓が出来やすくなってしまいます。

せっかくポリフェノールを摂っても、効果のイタチごっこ状態になってしまうので、
適量を心掛けて摂取しましょうね♪

このページのトップへ↑