トップページ > ポリフェノールの種類 >  カカオポリフェノール

カカオポリフェノール

チョコレートに含まれているカカオポリフェノール。

この成分に秘められた「効果」って知ってますか?

チョコレートの凄さ!!わかると思います。

カカオポリフェノールで代謝率UP!?

カカオポリフェノール
カカオとは、チョコレートやココアに含まれている植物の実です。

カカオは子供から大人まで親しみやすい味で、
常に食されてます。

特に寒い冬なんかは「ホットココア」は定番中の定番ですよね。

その中の、カカオポリフェノールは
アルコール性肝臓障害を予防する働きがあります。

また、自律神経に作用して
心理的なストレスも和らげると言われています。

アレルギーやリウマチにも効果があるそうです。

チョコレートを摂取する場合は、
たくさん摂りすぎるとカロリーオーバーになるので注意してください。

どうしても食べたい場合は、ビターな甘さ控えめのチョコレートや、
ココアであればカロリーハーフで砂糖少なめのものを選ぶと
カロリーが若干気にならなくなります。

また、甘いチョコレートやココアに入っているカカオポリフェノールは
太るんじゃないかって思ってる方が多いと思います。
しかし、食物繊維がたっぷり入っているカカオを摂取する事で
普段の便秘症を解消することができます。

また、カカオは代謝が悪い人にとって救世主的な感じで、
代謝が上がるので、脂肪を燃焼しやすい体になります。

冷え性や、運動不足の人にも代謝を上げるアイテムになりますので
要チェックですよ!

このページのトップへ↑