トップページ > ポリフェノールの種類 >  タンニンポリフェノール

タンニンポリフェノール

タンニンポリフェノールって聞いた事なぁーい。

って方がほとんどではないでしょうか?

「タンニン」が一体何に含まれていて、
どんな効果があるのかをまとめてみました。

お茶でタンニンポリフェノールを摂ろう!

緑茶や紅茶に入っていて、
中でも渋みの成分と言ったら分かりやすいでしょうか??

主に、渋みの成分をつかさどります。
タンニンという成分を構成しているのがカテキンなんですが、、、

お茶はお茶でも、モノによってタンニンが入っている量が違うのを
知っていましたか?

一番タンニンポリフェノールの含有量が多い順から発表します!

一位・・・玉露 (どちらかと言えば甘みが強いお茶ですが含有量がトップ)
二位・・・抹茶 (大人の味、ちょっとほろ苦いけど慣れればクセになる?)
三位・・・茎茶 (愛好家が多い一般的なお茶、高級茶は雁ヶ音、白折)

もちろん、紅茶や煎茶、ウーロン茶にも含まれてはいるのですが、
銘柄によって含有量の差が大きいようです。

中でもポリフェノールが多いお茶は「茶の木」という
ツバキ科の植物の葉っぱを使っていることが多いようです。

タンニンは、抗酸化作用、殺菌、抗菌作用に優れています。

そして、コレステロールの増加を防止し
さらに、動脈硬化や血栓などの抑制を助けます。
抗がん作用にも効果アリ!

あと、体臭が気になる方に朗報です。
タンニンポリフェノールは消臭効果もあるので、
臭い予防も兼ねて、お茶を飲む習慣をつけてみてはどうですか?

このページのトップへ↑