トップページ > ポリフェノールの豆知識 >  美肌の大敵!クマにも種類がある!?

美肌の大敵!クマにも種類がある!?

ポリフェノールを摂って血行促進!!
目の下のクマを退治(生き物みたい)しましょう。

そんなクマにも実は種類があるんです。

タイプ別に説明してみましたので、興味がある方は読んでみて下さい。

クマの種類

  • 青グマ
  • 人間どうしても目が疲れてしまいます。
    目の周りの血流が悪くなってしまい、
    下まぶたの皮膚が薄いところに静脈血がよどんでしまって
    透けて見えてしまう状態の事を言います。

    出来やすい状況としては、睡眠不足やストレス、
    仕事による過労、眼精疲労が原因です。
    青グマが出来やすい人の傾向として、冷え性の方が比較的多いようです。
    血行不良が原因となっているので、目の下のマッサージを行うと
    解消されるケースが多いです。

    温かいタオルを目の上に置いてあげるだけでも、
    効果はあります。

  • 茶グマ
  • 目の下の皮膚にメラニン色素が沈着してしまって出来るクマが
    茶グマと呼ばれるクマです。
    美容用語で言われるところの、「シミ・くすみ」です。

    肌に合わない化粧品を使ったり、
    紫外線をたくさん浴びてしまったら出来やすくなります。

  • 立体グマ
  • 大きな原因としてあげあれるのが加齢です。
    加齢とともに、たるみも出てきます、、、

    たるみが原因で、目元をくぼませてしまったり、
    頬の脂肪がへこんでしまう事によって影が出来てしまい
    クマのように見えてしまうのが、立体グマなんです。

    この立体グマは、化粧で隠すことが難しいので、
    積極的にコラーゲンを摂った方が良いでしょう!

このページのトップへ↑