トップページ > ポリフェノールの種類 >  ルチン

ルチン

ルチンって、、、聞いた事ないですよね、、、

管理人自体もあまり聞いた事ない成分です。

このルチン、体にどのような効果をもたらしてくれるのでしょうか?

ルチンで高血圧防止!?

ルチンはビタミンPという成分に含まれる
フラボノイドの一種です。

ポリフェノールの仲間で、主に蕎麦の中に含まれている成分です。
一日一杯、蕎麦湯(蕎麦の湯がき湯)を飲むだけでOKです。

蕎麦はアレルギーがあって食べられないという方は
ほうれん草やアスパラガス、茄子にもたくさんルチンは含まれています。

サラダとしても定番である野菜たちなので、手軽に摂れるのが嬉しい所です。

中でも珍しい食品で「そばもやし(蕎麦萌)」と言うものがあります。
これは、蕎麦の新芽のことで、別名そばカイワレとか、蕎麦苗と言ったりします。

元は蕎麦なのでもちろんルチンが含有されているんですが、
蕎麦として食べるよりこちらの方が7倍近く入っているんだそうです。

手軽にそのまま食べられるのも魅力です。

ルチンの効果として、抗酸化作用により毛細血管が強化され、
血栓を防いで、血流をスムーズにします。

さらには血圧効果も!!
これは、抗酸化作用により、毛細血管が強化され、
血流がスムーズになったおかげで、血管が詰まって起こる病気、
高血圧や動脈硬化などを防止
してくれるのです。

ビタミンCの吸収をよくします。

さらに、女性にうれしいコラーゲン合成の促進をしてくれます。
その結果!お肌のシミ・しわ・たるみなどの老化の防止にも役立ちます。

歯茎から血が出やすかったり、キズが治りにくい人、
高血圧を予防したいと思っている人は積極的に摂りたい成分の一つです。

このページのトップへ↑